必要な手続き

指

引越しってする前は楽しみで、している間は大変で、でもいろいろな事務手続きはもっと大変、と言うか面倒です。
それこそ代行サービスがないかと思ってしまいますが、まあ結構個人情報的なことが多いので無理なんでしょうね。
でも、ネット一発で全ての情報を引越し後の内容に変更できるようになってもいいと思いませんか?それくらい面倒なんです。
必要な手続きは山のようにありますが、更に面倒なことに、人によって手続きの項目も変わってくることです。
学校に通っている人、クルマを持っている人、ペットを飼っている人、インターネット/ケーブルテレビを契約している人、パスポートを持っている人などなど人によって違いますよね。
それぞれも手続きが必要になってくるんです。
ただ、だいたい共通している項目も少なくはありませんので、まずはそこは押さえておきましょう。
細かい手続き方法は省略して項目だけ挙げます。期限があるものも多いので注意が必要です。

全体
・転出届、転入届
・印鑑登録
・国民健康保険
・国民年金
・電話、携帯
・電気、水道、ガス、NHK
・郵便
・金融機関:銀行、郵便貯金、クレジットカード、保険会社(生命保険、自動車保険、学資保険など

学校に通っている人(家族が通っている人)
・転校手続き:それまで通っていた学校に用意してもらう書類があります。学校側に確認してください。
会社勤めの人
・会社へも住所変更の申請が必要です。事前に庶務さんに確認してください。

クルマを持っている人
・免許証:管轄の警察署もしくは運転免許センターで住所変更しますが、都道府県が変わる場合には写真が必要です。これはネットで調べましょう。
・車庫証明:ご存知とは思いますが、新しい車庫の地図や配置図が必要です。免許証と一度に申請出来るので事前に準備することをお勧めします。
・車検証:陸運局(普通自動車の場合)、軽自動車検査協会(軽自動車の場合)で手続きしますが、ディーラーでやってくれますので相談してみましょう。
余りやっている人はいないかもしれませんが、管轄の陸運局が変わる場合はナンバープレートも変更します。
・JAF:入っている人はこちらも忘れずに。

ペットを飼っている人
・犬を飼っている方は、登録変更をします。犬猫病院かペットショップで確認してみてください。

インターネット/ケーブルテレビを契約している人
・インターネット:契約しているインターネットプロバイダのH.P.で住所変更します。
・ケーブルテレビ:新しいところで引き続き契約出来るかの確認も必要です。

パスポートを持っている人
・本籍がそれまでの都道府県と変わった場合や結婚などで姓が変わった場合に手続きが必要です。パスポートセンターに行くことになりますので、事前に必要なものはネットで確認しておきましょう。

ネットショップを活用している人(Amazon、Yahoo!など)
・ネットで変更出来ます。忘れると前の住所に商品が届くことになるかも知れません!

だいたいこんな感じですが、必ずモレやうっかり忘れがあると思います。
チェックシートを用意して、事前に必要なものや期限のあるものはハッキリ分かるようにしておかないと、あとでトラブルになって更に面倒になるかも知れません。

ロゴ